家の環境改善のためにリフォームや補修工事を行なう

全て電気でまかなう

シニア夫婦

最近オール電化の住宅、マンションが急増しています。その理由として、まずガスを使わないことで火の手の心配がなくなります。さらには、光熱費の削減が見通せることが大きなポイントになっています。さらに、このオール電化は工夫次第でさらにお得になるわけです。例えば、電気代は日中に電気を使用するより、深夜帯で使用する方が、断然にお得なのです。なので、周りのお宅への騒音の心配がなければ、深夜の時間に洗濯機を回したり、乾燥機をかけたりすれば少なからず家計の節約につながります。そうでなければ、IHヒーターの強火力を利用して、時短クッキングをすれば、その分の電気代や時間の節約にもなります。些細な事ですが、積み重ねることで、着実に結果はついてきます。

オール電化もメリットだけではなく、もちろんデメリットもあります。特に気を付けるのは停電の時です。電気の力のみに頼っているため、その力がなくなるとどうしようもありません。そのリスクを軽減するために、バックアップの電力を確保する取り組みが行われ続けています。緊急時に停電が起きてもすぐにバックアップ電源にスイッチし、万が一の時にも対応できるようになっています。さらには、そのバックアップ電源を太陽光から電力にして蓄えるという方法が数年前から行われています。太陽光発電と並行して電気を使えばエコにもなりますし、家計の負担も減り、一石二鳥の方法だと思います。これからも増え続けていくでしょうオール電化の暮らしはさらなる発展と進化の可能性を多く残しています。限りない発展がまた人々の暮らしをより良いものにしていくのでしょう。